So-net無料ブログ作成

郵貯限度額、引き上げで決着、年度末は11000円キープ [株式日記]

ニューヨーク市場、別の通信キャリア向けのiPhoneを準備中という報道で、
アップルが相場をリードしたようです。
しかし、金融株に利確売りが入り、全体としては小幅高で返ってきました。
円はさらに安くなり、期末のドレッシングを含めて日本市場にも期待の持てる状況でしたが、
郵貯の限度額が引き上げの方向で決着し、銀行株の様子が気になるところでした。
日経平均、小高く寄りましたが、10分でマイナス圏に。
しかしそこからとってかえし、9:25まで上昇。
その後、一進一退で前引け。33円高。
上海はだらだらと微妙に軟調な動き。
後場明け横横で寄り12:55まで上昇するも、そこが本日の高値。
そこから14:30に向けて売られました。
引けまではその水準でもんで終了。
年度末は11089.94円と11000円台をキープ。
しかし7円安の終了となりました。
いよいよ年度替りです。
郵貯問題の決着の余韻とともに、年度末のドレッシングが外れる明日の動きは注目ですね。

主要指標
指標名 前日比
NYダウ $10907.42 -$11.56
ドル・円 (9:00) 92.92円 +0.53円
日経平均終値 11,089.94円 -7.20円
売買金額 15,314億円 26億円
騰落レシオ 138.41% +0.94%
上海総合株価指数終値 3109.11 -19.36
外国人売買動向(3/15~3/19) 1,583億円買超 (前週比) +5,348億


20100331日中足.jpg

<関連記事>
週初、利確売りから始まるも、その後持ち直す


先物取引を徹底比較

お名前.comのレンタルサーバー 国内最大級の運用実績
ブログトップへ戻る
nice!(40)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 40

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0