So-net無料ブログ作成

ニューヨーク高、円安好感で騰げるも、中国金融規制の不安は解消せず [株式日記]

ニューヨーク市場、ISM製造業景況感指数が予想を上回ったことなどが好感され、上昇して返ってきました。
為替も円安に振れ、日本市場にも期待の持てるスタートとなりました。
日経平均、ニューヨーク高、円安を好感し、高く寄りました。
そのまま10:00まで続伸し、プラス200円に迫る勢い。
トヨタのリコール対応も好感された模様。
また、米金融規制案が廃案もしくは大幅な変更との報道も好感。
その後、軽く調整し前引けまでもみあい、190円超のプラスで前引け。
上海は久々に堅調の様子。
後場明けGD。軟調に推移し、13:10に急落。
為替もやや円高に傾きました。
豪州中銀の金利据え置きが影響したとの観測あり。
13:20まで下げてから、持ち直しました、仲々の強さです。
一度のダマシを経て、14:25まで上昇。
引けまでややダレましたが、おおむねN字で、結局、160円超の上昇と強い相場でした。
ただ上海は、結局ズルズルで、不安材料の解消というわけにはいきませんでした。
上海の復活待ちですね。

20100202日中足.jpg

<関連記事>
中国PMI低下で下げるも、後場空けしばらくしてV字反発



nice!(40)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 40

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0