So-net無料ブログ作成

オバマの演説に抗議?-ニューヨーク、連続で大きく下げるも、日本市場は下げ渋る [株式日記]

ニューヨーク市場、バーナンキ議長再任をめぐる不確実性、
オバマ大統領の新たな金融規制案、
マサチューセッツ州上院議員補欠選挙などの要因により、
連日大きく揺れていました。
中国政府が経済の過熱防止に動き出したことも懸念材料となっている模様。
そういった一連の動きで、為替が円高に振れ、
日本市場も調整を余儀なくされる中、
どの辺で下げ止まるかが注目され、スタートとなりました。
日経平均、安く寄って一進一退の後、9:40頃からさらにやや下げる。
10:10過ぎに下げ止まり10:45頃まで反発。
前引けにかけてやや調整するが、
Globexの堅調などの要因で後場明けGUし12:45まで続伸。
一度のダマシを経て、13:25まで再度上昇。
プラス圏を目指すかと思われましたがマイナス40円当たりの水準でもみあう。
13:35あたりから引けにかけてやや軟調に推移。
結局マイナス80円弱で引け。なんとか10500円はキープしました。
日本市場、さうがにニューヨークが下げたほどは下げげませんでした。
下げた後、銀行株を中心に海外ヘッジファンド等の買戻し観測があった模様。
ただ、ウォール街がオバマ大統領との対決姿勢を鮮明にすれば、
ニューヨークは更なる下げも想定でき、
適度なところで意地の張り合いをやめてくれないと、
日本市場への悪影響も続いてしまう危惧もありますね。
そういう意味では、いい加減にして欲しい。

20100125日中足.jpg

<関連記事>
オバマ大統領による金融機関新規制



nice!(43)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 43

コメント 2

goro2001

こんにちは。☆
by goro2001 (2010-01-26 15:55) 

鉄腕原子

goro2001さん、こんにちは☆
by 鉄腕原子 (2010-01-26 19:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0