So-net無料ブログ作成
検索選択

初の大納会全日立ち会いも、終盤に力尽く [株式日記]

NY、ほぼとんとんで戻ってきて、NKが年初来高値更新で引けるかどうかが注目でした。
企業再生支援気候がJALの法的整理の提案で市場に暗雲がただよう中でのスタートとなりました。
NK、高く寄って10:00まで下落。
前引けまで横ばいも後場明け動意づき、12:55まで上昇。
年初来高値引けなるか?と思わせましたが、13:20まで下落し年初来高値近辺へ。
その水準で粘るも14:35に力尽き、一気の下落で本日の安値引け。
引けは売り優勢。
大納会出席のため、石川遼くんが現れてから、相場どころじゃなくなったんだろか?
いずれにしても、JAL問題が影を落とした大納会となってしまいました。
終盤に力尽き、全日立ち会いが仇となった形にも…
最後の最後に波乱が起こってしまいましたね。
ちょっと悔いの残るような今年の幕引きでした。

<関連記事>
ためますね…^^;

株式投資はさまざまなファクターに思いを寄せる必要がある場合があります。
その点では、「大岩川源太 投資カレンダー」は、
自分でピックアップするのには面倒な情報があらかじめ記されていて、
とても便利でした。
NY、ロンドンの市場休場日。
FOMC日程。
ECB理事会日程。
日銀金融政策決定会合日程。
月内権利付き最終日。
例年の傾向。
各指標の勝敗表。
場の始まる前に、チェックしておいて損はありません。

投資カレンダー2010 大岩川源太 謹製 株式・FX・日経平均先物の必勝アイテム

投資カレンダー2010 大岩川源太 謹製 株式・FX・日経平均先物の必勝アイテム

  • 作者: 大岩川源太
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2009/10/23
  • メディア: カレンダー




ためますね…^^; [株式日記]

NY、とんとんで返ってきて、為替は変わらず円安水準、原油は高くなりました。
今日こそ、年初来高値の更新か?との期待もありましたが…
NK、やや安く寄り、9:25の先物の誤発注以外は、ただただ、もみ合った1日でした。
それでも最後にちょっと踏ん張って、プラス引けしたのは気分的にいいですね^^;
年初来高値の更新は明日に期待となりました。
引けはやや買い優勢。
JALの法的整理の可能性を含む、再建問題で、メガバンクが相変わらず軟調。
この問題に決着がつかないと、
日本市場も本当の意味で晴れ晴れした気分にならないのかもしれませんね。
ただ、今日あたりで、3行のうち2行は12/16にあけた窓を埋めたので、
反発の期待もありますね。
明日、初の大納会1日立ち会いです。
初の後場、波乱はあるかな?

<関連記事>
引け値年初来高値にトライ



引け値年初来高値にトライ [株式日記]

NY休場で、さしたる経済指標の発表もなく、材料不足での始まりと予想されました。
ただ、寄り直前の鉱工業生産が予想より上ぶれし、
それを好感したというわけでもないのでしょうが、堅調なスタートとないました。
NK、やや高く寄り9:55まで続伸。
前場その水準でもんだあと、後場明けから再び動意づき12:55まで上昇。
このまま引ければ引け値で年初来高値という水準となる。
13:45までこらえましたが、そこから引けまでやや軟調に推移し、
結局、年初来高値は僅かのところでクリアできず。
引けは買い優勢。
このまま定石通り、年初まで高値を追う展開となるか?
特に売る材料は見あたらない感じですね。
しいていえば、騰落レシオの改善が気になりますが、
警戒水域までは、まだあと一息というところでしょうか。
あと2日、年初来高値を更新して、明るい未来へのバトンタッチとなりますか。

<関連記事>
クリスマス・ブレイク



クリスマス・ブレイク [株式日記]

NY、半日立ち会いでしたが、新規失業保険申請件数が減少したことや、
11月の輸送機器を除く耐久財受注が増加したことを受けて、
堅調で戻ってきました。
NK、横横で寄って9:20まで下落。
9:45まで盛り返すも戻しきらず、波を打ちながら12:40まで下落し、13:55まで低め安定。
一時14:00までやや戻すが、引けにかけて元の木阿弥に。
引けは大きく売り優勢。
三日大きく騰げたあとの一服、クリスマスブレイクだったでしょうか。
引けにかけては週末の手仕舞いがあったでしょうか?
でも、今晩NYは休場で、月曜までには特に重要指標の発表もないような気もしますけど。
あるとしたら、政治的なリスクでしょうか。
例年、大納会から大発会に向けてドレッシングがありがちなようですから、
今年も、もう少し期待できるかもしれませんね。

<関連記事>
円安で、嬉しいクリスマスプレゼント



円安で、嬉しいクリスマスプレゼント [株式日記]

日本市場が休場中のNY、二日トータルでS&Pが0.6%上昇、併せて円安も進み、期待の持てる始まりとなりました。
NK、高く寄って12:45まで、ゆっくりでしたが終始右肩騰がりの上昇。
その後高値圏をキープして引け。
円安によるクリスマスプレゼントと言える一日でした。
終値で10500円を回復し、出来高も細らず、ホントにクリスマス休暇前なのか?
という印象でしたね。
日本航空向けのつなぎ融資への政府保証が見送られて、
銀行株が軟調だったのがタマに傷でした。
何はともあれ、日銀の決意表明が、為替に好影響を及ぼしていると思われ、
このまま大納会まで円安でいって欲しいところです。
鳩山首相の秘書が起訴されたことが外国人の不評を買わなければいいのですが…
あと4日期待したいですね。

<関連記事>
NK、堅調



NK、堅調 [株式日記]

NY、堅調で戻ってきて、円も安くなりました。
日銀が積極的な姿勢を見せて以来、円安に振れてきましたね。
NK、高く寄って終始右肩騰がりの高値引け。
まれにみる一直線の右肩騰がりでした。
今日は売り方、大変でしたね。
買い方は持ち越し組もデイトレ組もうれしいクリスマスプレゼントでした。
今日は出来高も戻ったようです。
円高がどれだけ悪影響していたか、わかりますね。

<関連記事>
薄商いの中、円安で堅調



薄商いの中、円安で堅調 [株式日記]

NY、小幅高で返ってきましたが、それよりも円安に振れたことが大きかったようですね。
NK、小高く寄って14:20まで凪。
そこから引けにかけてN字下落し、上げ幅を縮めました。
引けは売り優勢。
外国人勢の不参加が予想される中、商いも細りましたが、
円安傾向もあり、堅調に推移しました。
しかし、場中の動きに乏しく、デイトレーダーにはキツイ1日となりました。
NK10200円、なかなかキープできませんね。
今年はこのままかしら?
閑散に売りなしといいますので、密かにクリアして終わって欲しいですね。

<関連記事>
為替の乱高下に追随、3週末連続の高値引けはならず



為替の乱高下に追随、3週末連続の高値引けはならず [株式日記]

NY、軟調で円も高く返ってきました。
日本市場は一服という観測が多く、節目をクリアできなかった昨日の亀井発言への恨みつらみもチラホラ聞こえていました。
NK、安く寄って9:30まで粘りましたが、そこから10:00まで下落。
前場はそのままもみましたが、10:45あたりから徐々に騰げだし、12:45まで上昇。
再びもみあいとなり、13:45から再び上昇。
14:35まで騰げ、あと少しでプラ転となりましたが、14:55までもんだあと引けにかけて手仕舞い売り。
引けは買い優勢。
惜しくも3週末連続の高値引けはなりませんでした。
円高で始まった為替が、日銀総裁が追加の金融緩和策が控える旨の発言があったからか、
円が安くなり、それに伴いNKも上昇。
あと一歩でプラ転&3週末連続高値引け目前となりましたが、
引け直前に手仕舞いか失速。
結局続落となりました。
週足はかろうじてプラス。
来週は、このところの買い主体となっている外国人のクリスマス休暇に伴う手控えが予想されますが、
日銀の態度の表明いかんいよっては、さらに円安に振れる可能性も残っており、
10200円をクリアして、クリスマスプレゼントといってもらいたいところ。
COP15の行く末も気になります。

<関連記事>
亀井発言に動揺



亀井発言に動揺 [株式日記]

NY、まちまちで返ってきましたが、FOMCの声明文の影響か、円が安くなり、
日本市場には期待の持てるスタートとなりました。
このところ抑えられてきていたNKの10200円を抜けてこれるかが大きな焦点となりました。
NK、高く寄り、9:50まで上昇。
10:45までキープした後、12:40まで下げる。
その後一進一退を続けていましたが、14:30より弱含み、引けにかけて下落。
結局安値引けのマイナス引け。
引けは大幅に売り優勢。
円安を好感し、寄りから節目である10200を越えてきて、
アジア市場が軒並み軟調となる中も、よくこらえてキープしたまま引けるか?と思われましたが、
亀井金融相のデリバティブ規制法案に関する発言で動揺が走ったか、
結局、10200円をクリアできなかったばかりか、マイナス引けになってしまいました。
国民新党はマニュフェストに「大証日経225先物取引廃止を掲げているらしく、
新政権発足からここまでの金融政策が亀井氏主導で行われてきていることから、
あり得ること、と思われてのことと思われます。
亀井氏の行っていることが、真に国民のためを思ってしていることなのか、
個人的な感情や参院選に向けての存在感のアピールのために行われているかは、
少し長く見ていれば、国民にもわかってくることだと思います。
財務相や日銀が、不作為による市場不安を煽っているとしたら、
金融相は作為のしすぎで市場の動揺を誘っていると言えそうですね。
遅かれ早かれ、国民の審判が下るのではないでしょうか。

<関連記事>
ほぼ寄り天、しかし、驚愕の銀行株上昇



ほぼ寄り天、しかし、驚愕の銀行株上昇 [株式日記]

NYは一服。やや円安にはなりましたが、このところの流れから方向感のない相場が予想されました。
それが、日経の記事(大手銀の新自己資本規制の導入延期報道)で一変、驚きのスタートとなりました。
NK、高く寄り、9:30までキープ。
その後10:00まで調整しましたが、前引けにかけてやや反発。
後場明け15分間売られましたが、そこから引けまでジリジリ騰げました。
東証一部の銀行株、なんと7%の上昇でした。
三井住友にいたっては一時ストップ高。みずほも15%以上の上昇でした。
驚きましたね。
報道の信憑性から、一時売り込まれたりしたようですが、
どうもそういう流れらしいということで、12:45あたりから再び買われ出したようですね。
銀行株が上がり出すと相場に活気が出て、市場に明るさが戻ってきますよね。
出来高はSQ日に匹敵するくらい多かったようです(代金の方はそこまでではありませんでした)。
素敵なクリスマスプレゼントになると良いですね。
三菱UFJ、43円抜きで利確。
メッセージを送る